HOME > テーマ一覧 > クールでかっこいい > 【日本語WordPressテーマ】クールでかっこいいWordPressテーマver.16

【日本語Wordpressテーマ】クールでかっこいいWordPressテーマver.16

クールでかっこいいWordPressテーマバージョン16が出ました。

※クールでかっこいいWordPressテーマの概要についてはこちら↓の記事をご覧ください。

クールでかっこいいWordPressテーマ ver.16の方向性

クールでかっこいいWordPressテーマ ver.16は、親テーマとデザインや機能の違いで分けられた子テーマでの構成になってます。

構成内容は親テーマが2種類それぞれに子テーマが4種類ついた合計10種類(デザインは8パターン)。

親テーマ単独でも親テーマ+子テーマという使い方でも問題ありません。

ただしレイアウトデザインの違いはトップページのみで、投稿ページは共通のものとなってます。

購入ボタン画像

”初心者”のための用語解説

※当サイトで紹介しているテーマ内に出てくる独自(専門)用語の意味がイマイチわからないという方のために用語の解説ページを作っておきました。

以下の用語について簡単に解説してます。【五十音順】

【ABテスト・AMP・CSS非同期読み込み・CTA・ECサイト・gzip・OGP&ツイッターカード・PWA・Welcart(ウェルカート)・WooCommerce(ウーコマース)・アップセル&クロスセル・ウィジェット・ウィッシュリスト・オンラインサロン・カスタム投稿タイプ・コーポレートサイト・サイトアフィリエイト・サイト回遊率・ショートコード・スクロール追尾・スプリット仕様・ドロップシッピング・ニュースティッカー・バイラルメディア・パララックス(デザイン)・ハンバーガーメニュー・ヒーローヘッダー・ファーストビュー・ファビコン・プラットフォーム・ブランディング・フルードグリッド・ブログアフィリエイト・ポータルサイト・ポートフォリオサイト・マイクロコピー・メガメニュー・モーダルウィンドウ・ランディングページ・リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)・レスポンシブデザイン・子テーマ】

テーマごとの主な違い

2種類の親テーマWP1600WP1650の大きな違いは、ランディングページ(LP)作成機能のあるなしです。

WP1600にはランディングページ(LP)作成機能がなく、WP1650とその子テーマのみランディングページ(LP)作成機能が付いてます。

(なんで全テンプレートにつけなかったのかちょっと不思議…)

※ランディングページに設定すると専用のカスタマイズ項目が表示され、実際のページは1カラム表示になります。

キャプチャ画像

ではここで各テーマの違いをご紹介していきます。

(公式サイトの説明だとちょっとややこしいいので簡潔にまとめてみました)

親テーマ1600

親テーマとなるWP1600はブログアフィリエイトに適したレイアウトデザインになっており、記事一覧は大き目のアイキャッチ画像が特長です。

キャプチャ画像

子テーマ・Child01

親テーマ1600の子テーマChild01は、記事一覧がカードタイプの表示になります。

キャプチャ画像

子テーマ・Child02

子テーマChild02はChild01のナビゲーションとロゴ画像の見せ方が若干異なってます。

またレイアウトデザインはこのあとご紹介する親テーマWP1650と同じです。

キャプチャ画像

子テーマ・Child03

子テーマChild03はChild02のナビ&ヘッダーと親テーマWP1600の記事一覧表示が組み合わさったような感じです。

キャプチャ画像

子テーマ・Child04

子テーマChild04はChild02のヘッダー画像がスライドになります。

キャプチャ画像

親テーマWP1650

親テーマとなるWP1650の見た目は子テーマ・Child02と同じです。

ただこちらは子テーマも含めてランディングページ(LP)作成機能が付いてます。

キャプチャ画像

子テーマ・Child06

親テーマWP1650の子テーマChild06は、親テーマWP1650のヘッダースライドバージョンです。

キャプチャ画像

子テーマ・Child07

子テーマChild07は記事一覧表示が一般的なブログタイプでナビゲーションメニューはカラー化が可能です。

キャプチャ画像

子テーマ・Child08

子テーマChild08は(どちらかと言えば)和風テイストのテーマで、専用のプラグインを使ったランキングウィジェットを利用すれば和風のランキングも作れます。

キャプチャ画像

子テーマ・ChildDS2

子テーマChildDS2は「もしもドロップシッピング(DS)」のサイト構築用テーマになります。

キャプチャ画像

残念ながらドロップシッピングの代名詞でもある「もしもドロップシッピング」は2020年4月にサービスを終了しました。

オリジナル機能

テーマの基本的なカスタマイズ(文字色・背景色・リンク色・テーマカラー・サイドバーの位置・フッターカラム数などなど)はテーマカスタマイザーで簡単に設定できます。

そのほかの主なオリジナル機能としては、

見出し・ボタン・囲み枠などの装飾

キャプチャ画像

キャプチャ画像

オリジナルウィジェット

アドセンス広告の表示も可能なアフィリエイトサイト向けのウィジェットが多数用意されてます。

キャプチャ画像

ランキングウィジェット

子テーマ・Child08の「添付プラグインを利用したランキングサンプル」の部分に使用されてるのがテーマ付属のランキングプラグイン(簡易版)です。

「横並びランキング」や「縦並びランキング」の設定のほか「ランキング用アイコン」も設定可能。

サンプルのような和風テイストだけでなく通常のランキング表示もできます。

キャプチャ画像

サポート

ver.15までは専用BBSによるサポートだったんですがver.16からはメールでのサポートに切り替わってます。

これに関してはどちらがいいか制作者も様子見の段階だそうです。

お願いすれば以前のBBSでの質問も受け付けてくれる柔軟さもあるのでそっちがいいという方は問合せしてみてください。

いずれにしても24時間以内での早めの回答なので、わからないことがあっても割とすぐに解決します。

またテーマ購入者自身が作るサイトであればテーマは複数サイトで利用可能。

どんな方におススメ?

  • サイトの雰囲気に応じて手軽にテーマを着せ替えたい
  • ランキングや広告掲載などアフィリエイトサイトに特化したテーマがほしい
  • もしもドロップシッピングの専用サイトを作りたい

購入ボタン画像

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)