アイキャッチ画像
HOME > テーマ一覧 > OPEN CAGE > 【日本語WordPressテーマ】OPEN CAGE(オープンケージ)の特長まとめ

【日本語Wordpressテーマ】OPEN CAGE(オープンケージ)の特長まとめ

OPEN CAGEオープンケージが出しているワードプレス・テーマがスワロー(SWALLOW)・アルバトロス(ALBATROS)・ハミングバード(Hummingbird)・ストーク19(STORK19)です。

そのどれもがブロガー向けの(ブログに特化した)シンプルかつ高機能な日本語ワードプレス・テーマです。

購入ボタン画像

”初心者”のための用語解説

※当サイトで紹介しているテーマ内に出てくる独自(専門)用語の意味がイマイチわからないという方のために用語の解説ページを作っておきました。

以下の用語について簡単に解説してます。【五十音順】

【ABテスト・AMP・CSS非同期読み込み・CTA・ECサイト・gzip・OGP&ツイッターカード・PWA・Welcart(ウェルカート)・WooCommerce(ウーコマース)・アップセル&クロスセル・ウィジェット・ウィッシュリスト・オンラインサロン・カスタム投稿タイプ・コーポレートサイト・サイトアフィリエイト・サイト回遊率・ショートコード・スクロール追尾・スプリット仕様・ドロップシッピング・ニュースティッカー・バイラルメディア・パララックス(デザイン)・ハンバーガーメニュー・ヒーローヘッダー・ファーストビュー・ファビコン・プラットフォーム・ブランディング・フルードグリッド・ブログアフィリエイト・ポータルサイト・ポートフォリオサイト・マイクロコピー・メガメニュー・モーダルウィンドウ・ランディングページ・リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)・レスポンシブデザイン・子テーマ】

モバイルファースト

OPEN CAGEオープンケージという名前は「扉のあいたケージ(鳥かご)」という意味で、公式サイトには以下のような説明があります。

扉の空いた鳥かごから中の鳥が大空に羽ばたくように、当テーマを利用してインターネットの大空に飛び立ち世界に向けて新たな可能性を発信してほしいという思いから命名しました。

そしてアルバトロス・ハミングバード・ストーク19・スワローのどのワードプレス・テーマにも共通するのがモバイルファースト

つまりスマホ(モバイル)で見た時のデザインを最優先するという考え方です。

昨今のホームページ閲覧の傾向はスマホ(モバイル)が半分以上というデータも多く見受けられるので、理にかなったコンセプトと言えますね。

確かにスマホで見た時の美しさは群を抜くものがあります。

 

ちなみにこちらはテーマハミングバードのiPhoneでの表示例です。

う~ん、素直に美しい。

キャプチャ画像

各テーマの方向性

OPENCAGEのワードプレス・テーマは現在4種類。

発表された順に、アルバトロス(ALBATROS)・ハミングバード(Hummingbird)・ストーク(STORK)スワロー(SWALLOW)・ストーク19(STORK19)。

アルバトロス

キャプチャ画像

アフィリエイトサイトを作成するとき、サイトデザインにはあまり時間をかけたくないというのが本音でしょう。

OPEN CAGE第1弾のワードプレス・テーマアルバトロス(ALBATROS)はまさしくブログアフィリエイト向けのテーマと言えます。

購入ボタン画像

ハミングバード

キャプチャ画像

OPEN CAGE第2弾のワードプレス・テーマがハミングバード(Hummingbird)

アニメーション効果を多用したレイアウトデザインが一番の特長です。

デモサイトを見ればわかりますが、心地よい動きのヘッダーやヒュンヒュン動く記事内のSNSボタンなどは見ていてとても楽しいです。

キャプチャ画像

ただ最初のうちは目新しいこともあって目を引く演出ではあるんですが、どのページを見てもアニメーションするので場合によってはウザいと感じる方が出てくるかもしれません。

そんな時は部分的にアニメーションをオフにすることもできるのでご安心を。

とはいえアニメーションをオフってもデザインが素晴らしいことには変わりなく、その分あなたは記事を書くことだけに集中できるというものです。

購入ボタン画像

ストーク

キャプチャ画像

OPEN CAGE第3弾のワードプレス・テーマがストーク(STORK)です。

前2作と比較してスマホ(モバイル)での使用感、特に使いやすさ読みやすさにとことんこだわって作られたテーマであるのが特長です。

こちらのテーマはバージョンアップに伴いSTORK19に変更となってます。

スワロー

キャプチャ画像

OPEN CAGE第4弾のワードプレス・テーマがスワロー(SWALLOW)です。

「必要なものとは何か」を考え抜いて、可能な限りシンプルな設計に基づいて無駄な装飾や機能やデザインを削ぎ落としたまさに”モバイルファースト”のテーマに仕上がってます。

購入ボタン画像

ストーク19

キャプチャ画像

OPEN CAGE第5弾のワードプレス・テーマがストーク19(STORK19)です。

こちらのテーマは第3弾ワードプレス・テーマ「STORK」のデザインはそのままに、機能面でのパワーアップ表示スピードの改善を主な目的としてアップデートされたテーマです。

購入ボタン画像

各テーマの違い

ここで各テーマの主な違いを簡単にご紹介します。

  アルバトロス ハミングバード ストーク19 スワロー
トップページ
アニメーションヘッダー
×
記事一覧ページのレイアウト変更 ×
更新日表示 ×
見出しデザインの変更 ×
SNSボタン表示
広告用ウィジェット
スマホ(モバイル)メニュー × ×
スクロール追尾ウィジェット(PC) ×
パンくず表示・非表示 × ×
サイトカラー設定
ロゴ画像設定
アクセス解析コード設置
ピックアップスライダー × × ×
ピックアップコンテンツ × × ×
ブロックエディタへの対応 × × ×

続いて各テーマごとの特長をご紹介します。

4テーマ共通機能

トップページデザイン

トップページのデザインは基本的に各テーマともベーシックな記事一覧・スライダー付き記事一覧・ヘッダー画像付き記事一覧の3種類から選択可能。

(※具体的な表示は各デモサイトで確認できます)

キャプチャ画像

キャプチャ画像

オリジナルウィジェット

アドセンス広告

サイドバー・記事下などにアドセンスコードを貼り付けるだけで表示OKのアドセンス広告用ウィジェット。

トップページ専用

トップページ記事一覧の上下にバナーや広告コード、テキストなどなんでも置けます。

CTA

投稿ページ下に、CTA用のショートコードを使ってCTAが設置可能。

普通にテキストリンクを置くよりもこちらの方がより目立ってクリックしてくれる確率が高まるというものです。

キャプチャ画像

オリジナルショートコード

記事中に関連記事のリンクを画像つきで表示

キャプチャ画像

記事中で2 or 3カラム表示(※PC表示時のみ)

キャプチャ画像

補足説明・注意説明等の専用表示ボックス

キャプチャ画像

会話風吹き出し

キャプチャ画像

ボタンリンク、各種ボックス

キャプチャ画像

キャプチャ画像

フッターメニューウィジェット

3カラムフッターメニューが表示可能。

(※スワローは2カラム)

ランディングページ

サイドバーもヘッダーもフッターもないシンプルなランディングページ(LP)作成機能。

ロゴ・サイトアイコン

ロゴサイトアイコン(ファビコン)アップルタッチアイコン画像をアップロードするだけであとは勝手にうまく表示してくれます。

SNSボタン

プラグインを使わないオリジナルSNSボタンの表示・非表示が設定可。

アルバトロス・ハミングバード・ストーク19共通機能

オリジナルウィジェット

スクロール追尾ウィジェット

サイドバー内に、スクロールしても追尾(※PCのみ)するブロックを設置可能。

ハミングバード・ストーク19・スワロー共通機能

スライドショー

記事に特定のタグをつけるだけで、ヘッダー画像下スライドショーを一覧表示可。

よく見てほしい記事などを常時表示しておけるのでサイト回遊率の高まりが期待できます。

キャプチャ画像

※テーマによってスライドショーの数や大きさや表示位置が異なります。

記事一覧ページのレイアウト変更

記事一覧ページのレイアウトを変更することができます。

ハミングバードスワローは、アイキャッチ画像とタイトルが横並びになる(一般的な)シンプル、カードを並べたようなレイアウトのカード型、記事をひとつずつ大きく表示するビッグの3種類から選択可。

キャプチャ画像

ストーク19は上記3種に加えて、記事をランダムに雑誌記事風にレイアウトするマガジン型の都合4種類から選択可。

カード型はPCでは高さが揃った2列(整列)表示、スマホ(モバイル)では1列表示になりますが、マガジン型だとPCでもスマホ(モバイル)でも高さがバラバラの2列表示になります。

キャプチャ画像

いずれのテーマトップページとそれ以外の記事一覧ページで異なるレイアウトにすることも可能。

さらにストーク19ではPCとスマホ(モバイル)で別々の記事レイアウトを選ぶこともできます。

固定ページ&投稿ページの1カラムレイアウト

固定ページだけでなく投稿ページも1カラムレイアウトにすることができます。

こちらはサイドバーがなくなるだけなので、シンプルに1カラムページにしたい時に使えます。

ヘッダーもフッターもサイドバーもないランディングページ(LP)とはちょっと違います。

アルバトロス固定ページのみ1カラムレイアウトが可能。

ストーク19スワローに限っては、アイキャッチ画像をブラウザ幅いっぱいに広げてアイキャッチ画像上に記事タイトル(テキスト)を表示させるバイラルメディアっぽいバイラル風も追加されて、よりインパクトのあるページ作りが可能になってます。

(※具体的な表示は公式サイトで確認できます)

Facebookページへの”いいね!”ボタン

Facebookページへの”いいね!”ボタンを大々的に表示させることができます。

やり方はFacebookページのURLを入力するだけ。

それだけでSNSボタンの直前に表示されるようになります。

キャプチャ画像

ストーク19・スワロー共通機能

オリジナルウィジェット

スマホ専用サイドバー

レスポンシブデザインサイトの場合、スマホ(モバイル)でホームページを見るとPC上のサイドバーは通常は記事コンテンツの下に移動します。

しかしサイドバーのコンテンツの量が多かった場合、PCのように画面が広く簡単にスクロールができるデバイスであれば問題ないでしょうが、画面が小さいスマホ(モバイル)ではコンテンツが下に長く伸びて重要な内容(項目)にアクセスしづらくなりがちです。

そこで登場するのがPCとは別の設定が可能なスマホ専用サイドバーウィジェット。

サイドバーといってももちろんサイドバーで表示されるわけではなく、必要最小限の厳選した内容だけを画面の小さいスマホ(モバイル)で表示させられる機能です。

キャプチャ画像

スマホ用グローバルナビ

一般的にスマホ(モバイル)ではPCのようなグローバルナビゲーションは非表示になります。

そうではなくPC用ナビとは別にスマホ(モバイル)用のナビを別途付けられる機能がスマホ用グローバルナビです。

優先的に見てほしい記事コンテンツへのリンクをワンタップで表示可能なので使い方によってはかなり効果的な機能と言えます。

(数が多い場合は横スクロール方式に自動変換)

オリジナルハンバーガーメニュー

直前のPCグローバルメニューの代用品としてスマホ(モバイル)でよく見かけるのが通称ハンバーガメニューと呼ばれる3本線アイコンです。

こういうヤツ↓ですね。

キャプチャ画像

一般的にはこの三本ラインをタップするとPCと同じグローバルメニューが表示されます。

しかしスマホ専用のハンバーガーメニューウィジェットを使えば、ショートコードやオリジナルテキスト・タグクラウドなども表示することができます。

キャプチャ画像

ストーク19のみの機能

オリジナルウィジェット

スマホ用フッターメニュー

たとえばPC版で3列表示のフッターを設定していたとします。

それをスマホ(モバイル)で表示させると通常は1列×縦に3個並んでの表示になります。

そうなるとフッター部分が異常に長くなって見づらくなります。

でもスマホ専用のフッターメニューを別途設定しておけば、厳選したシンプルなフッターを表示することができるというものです。

キャプチャ画像

ブロックエディターへの対応

WordPress5.0から導入されたブロックエディタは従来のクラシックエディタを使ってきた方からすれば”使いにくい”エディタかもしれません。

しかしながらこれからワードプレスでホームページを作ろうと考えている方にとってはブロックごとのドラッグ&ドロップである程度のレイアウトが組めちゃうブロックエディタは、反対にとてもとっつきやすいエディターかもしれないですよね。

ストーク19ならテーマ搭載の「タイトル付きボックス」や「吹き出し」「各種ボタンスタイル」「テキストマーカー」「補足説明ブロック」といった装飾類がブロックエディタ内で簡単に追加できるよう設計されています。

もちろん従来の「クラシックエディタ」も(プラグインを入れることで)使用はできます。

ピックアップコンテンツ

トップページもしくは全ページのヘッダー下に最大で4つの画像バナーを設置することができます。

キャプチャ画像

トップページ用ピックアップスライダーとは違って動きはないですが、常に固定表示なのでこちらも注目度高めの機能です。

サポート

基本的にはメールでの対応になります。

とはいえ公式サイトにはテーマの使い方を始めとして豊富な情報がわかりやすく掲載されてるので、そこを見るだけでも大抵の疑問は解決します。

それにネット上では有志が盛んに使い方をレクチャーしてくれてるので、大抵の疑問はネット上で完結するのではないでしょうか。

どのテーマを選ぶか

アルバトロスはOPEN CAGE初期のテーマのためか、後発のテーマと較べると使える機能が若干限定されてる感は否めません。

それ以外の3つのテーマ(ハミングバード・旧ストーク・スワロー)は機能面で若干の違いはあるものの際立って大きな違いというのはありません。

旧ストークはハミングバードに較べるとレイアウトデザインが若干シンプル目に抑えてあります。

スワローは”シンプルで使いやすいのが好き”という方には最適なテーマと言えるでしょう。

最後発のSTORK19に関しては、旧STORKのデザインはそのままに機能面と表示スピードのパワーアップに磨きがかけられたテーマでもあるので、デザイン面で問題ないというのであれば他のテーマより使いやすさは数段アップしていると言えます。

いずれもブログアフィリエイト用のテーマとしてはどれも充分役に立つテーマに仕上がってます。

(各テーマとも定期的にアップデートが繰り返されてます)

購入ボタン画像

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)