アイキャッチ画像
HOME > 当サイトのテーマ検索で使われてる用語解説(初心者向け)

当サイトのテーマ検索で使われてる用語解説(初心者向け)

ここではワードプレスの各テーマ紹介記事内で(ワードプレス初心者の方が)なんとなく”???”となってしまう独特な専門用語について簡単にご説明します。

テーマ選びの参考になれば幸いです。

ABテスト

ABテストというのは、「デザインや機能が一部異なる2つの選択肢を用意して、ある一定の期間中にどちらがより効果が高いかを比較・検証する」テストのことです。

たとえば「資料をダウンロードする」というCTAボタンの横に置く画像をAパターンとBパターン2つ用意して、どちらがより多くクリックされるのか、あるいはどちらがより多くダウンロードされたのかなどを比較・検証したりします。

収益に作用するアフィリエイトサイトや販売サイトで利用されることが多いです。

AMP

AMPというのは、Googleが推進している「モバイル端末でページを高速表示させる」ための手法のことです。

概してデザインが簡素化される傾向がありますが、その分ページが瞬時に表示されるので離脱率の減少に役立つなどの効果があります。

CSS非同期読み込み

ページのレンダリング(描画)に必要なのがCSS(スタイルシート)ですが、通常はブラウザがCSSの中身を全部読み込んでから初めてページが表示されます。(同期

読み込みが終わるまではレンダリングが始まらないことから『レンダリングブロック』とも呼ばれており、CSSファイルが膨大になればなるほどページ表示は遅くなるという理屈になります。

そこで”最小限のページ表示”には必要のないCSSファイルは”読み込みはするけど実際に適用させるのは最初のページ表示が終わってから非同期)”というのがCSS非同期読み込みと言われるものです。

ファイルの読み込みとレンダリングが同時に行われるので、結果としてページ表示が速くなるというメリットがあります。

あとから読み込ませても何の問題もないような、たとえばユーザー側が特定の操作をしない限り使われないCSSなどはとりあえずのページ表示には必要のないものですから、ページ表示(レンダリング)が終わった段階で動かせればいいだけです。

少しでもページ表示を早めるSEO対策で使われます。

CTA

CTA(Call To Action)というのは、本来は”訪問者に注意喚起をさせて行動を誘導する”ことを意味します。

(ホームページ上では)一般的には購入を促したりする”ご購入はコチラ”ボタンリンクを含めたちょっと目立つエリアがCTAと言われてます。

「いますぐ購入する」とか「メルマガ登録はコチラ」といったようなドでかくて目立ったボタンリンクをあなたも何度か見たことがあるんじゃないでしょうか。

ああいうのを見るとついついポチットやってしまいそうになるんですよね。

もちろんそれを狙ってるわけです、サイト運営側としては。

CTR

クリック率のことで、広告が表示された回数(インプレッション数)に対してどれくらいクリックされたかの割合のこと。

計算式は以下のとおり。

【クリック率=クリック数÷広告表示回数×100】

たとえば広告表示回数が1000回でそのうちクリック数が10回だった場合、クリック率は1%になります。

一般的にはCTRが高いほど効率のいい広告と言われます。

(あくまで目安です)

ECサイト

ECサイトというのはElectronic Commerce site(エレクトロニック コマース サイト:電子商取引サイト)の略で、今はインターネット上で商品を販売するウェブサイトという意味で使われることがほとんどです。

要するにオンラインショッピングサイトのことです。

大きくは企業自らがECサイトを構築する自社ECサイトと楽天やAmazonといったショッピングモールに頼るモール型サイトに分けられます。

gzip

gzip(ジー・ジップ)というのは、ウェブサイトなどでサイズを縮小するために使われる圧縮方式の一つです。

似たような言葉にzipというのがあります。

zipは複数のファイルを1つにまとめて(アーカイブ)さらに圧縮する主にWindows向けの方式で、多くの場合「劣化を伴う非可逆圧縮」になり高圧縮が可能です。

一方gzipは単にサイズを小さくするだけの圧縮であり、zipと違って「元に戻せる可逆圧縮」になります。

それゆえgzip圧縮されたデータ(たとえばスタイルシートなど)は、利用する際に元のデータに戻され(伸張し)て利用することができるというわけです。

圧縮されてファイルサイズが小さくなればネットワークでの転送にかかる時間も短くなり、それだけページも早く読み込まれるのでSEO対策の一つとして利用されます。

OGP・ツイッターカード

OGPとは、FacebookやTwitterといったSNSで拡散された際に、ホームページのタイトルやイメージ画像、概要などを正確に伝えるための規格のようなものです。

OGPが設定されてないと、SNS側で勝手に判断した内容が表示されてユーザーにホームページの内容が正確に伝わらず、結果として記事を見てくれなくなる可能性が高くなります。

SNSを使っての”宣伝”は今の時代必須とも言えるので、OGPはぜひとも設定しておくことをおススメします。

ツイッターカードというのは、文字通りTwitter上でどんなふうに表示させるかの設定のようなもので、通常はOGPと併用で書き込まれます。

テーマによってはこれらの設定が最初から組み込まれているモノもあり、その場合はアカウントや画像を設定するだけで設定が完了します。

PWA

PWAとは、Googleが主軸となって動いてる「ウェブサイト(ホームページ)をiPhone(スマホ)上でまるでアプリのように動かす仕組み」のことです。

なのでネイティブアプリのように”ホーム画面にインストール”することができます。

ネイティブアプリというのは、AndroidやiOSなど特定のシステム専用のアプリのことで、App Store・Google Playなどのアプリストアからダウンロードしてインストールするタイプのものです。

”ホーム画面にインストール”といっても、iPhoneのWeb Clipといういわゆる”ブックマークの追加”機能とは若干異なり、Androidではネイティブアプリのように「ホーム画面に追加」というポップアップが出てきたりします。(※Android+Chrome限定)

といってもアプリストアを経由して本当にダウンロードするわけではなく、まさにブックマークの追加のように瞬時に”インストール”が完結するのでユーザー側が特に何かするということはありません。

またPWA対応のウェブサイトは”アプリ”のごとくプッシュ通知も利用できます。(※Android+Chrome限定)

しかもPWAの本体はウェブサイトですから、検索結果にもそのまま反映されるというメリットもあります。

さらにPWA対応サイトはキャッシュ機能によりページの読み込みが速いので閲覧時のストレスがかなり軽減されるという特長もあります。

ただし今後のPWAの普及はiOSがどれだけ対応してくるか次第とも言えます。

Welcart(ウェルカート)

Welcartというのは、WordPressで作ったサイト内にショッピング機能を持たせることのできるプラグインです。

このプラグインを使えば手軽にECサイト(※インターネット上で商品を販売するウェブサイト)を作ることができます。

国産のプラグインなので日本人には使い勝手がよく、商用無料なので人気のプラグインとなってます。

以下、Welcartでできる主な機能をご紹介します。

クレジット決済対応
国内15社のクレジット決済サービスが利用可。
クーポンの発行
値引き・割引など特定の会員へのクーポン発行が可。
ダウンロード販売
デジタルコンテンツのダウンロード販売が可。
定期購入
商品の定期購入ができ、自動で配送(受注)データを記録。
複数配送ギフト機能
ギフトとして複数人に送る際など、一度の購入で複数の配送先が指定可。
価格変動
価格の上乗せが可。
自動継続課金
定期購読や保守契約などのサービス販売が可。
受注CSV
受注データをCSV形式でダウンロード可。
受注一元管理
受注を一元管理できる「頑張れ店長!」「店舗アップ!」に対応。

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceはWelcart同様、WordPressで作ったサイト内にショッピング機能を持たせることのできる無料のプラグインです。

世界中で利用されてるグローバルなプラグインではありますが、日本国内でWooCommerceを利用してのオンラインショップはまだそれほど多くはありません。

しかしながら日本語に公式対応したのと日本仕様化プラグイン「WooCommerce For Japan」のリリースもあって今後は増えていくのではないでしょうか。

基本的にオンラインショップ開設に必要な機能はほぼ揃ってます。

  • 商品ページ作成・管理
  • ショッピングカート
  • クーポン
  • 注文管理
  • 決済方法設定
  • 配送料金設定
  • 税率設定
  • ユーザー登録などなど

アップセル・クロスセル

アップセルというのは「より高額の商品を購入してもらうことで売上アップを目指す戦略」、クロスセルとは「購入する商品の他に別の関連商品をセットで勧めることで売り上げアップにつなげる戦略」のことです。

たとえばオンラインショップで化粧品を販売する場合、いま購入している商品よりもグレードの高い商品を勧めたりするのはアップセル。

Amazonなどの大手ECサイトでよく見かける「こちらの商品を購入した方はご一緒にこちらの商品も購入しています」という画面表示なんかはクロスセルですね。

アノテーション

レスポンシブデザインであれば、1個のURLでPC用とスマホ用のレイアウトをそれぞれの機器ごとに自動で切り替えてくれます。

一方でPC専用とかスマホ専用とか機器に応じて設定を細かく設けてそれぞれの機器ごとに別々のURLを割り振るケースもあります。

こんな感じですね。

PCサイト:https://example.com/

スマホサイト:https://sp.example.com/

しかしながら中身は同じなのに2つのURLが存在すると検索エンジン側に「重複サイト」とみなされてサイト評価が落ちてしまう可能性もあります。

これを防ぐために「URLが2つ存在してるけどこれは機器ごとにただ設定を分けているだけなので決して重複サイトでもなんでもないんですよ」と検索エンジンに知らせる設定がアノテーションと呼ばれるものです。

ウィジェット

ウィジェットというのは特定の位置に特定の機能を表示するパーツとでも言いましょうか。

ワードプレス管理画面から外観→ウィジェットをクリックすると出てくるコチラ↓のページがウィジェット編集エリアです。

(すべてのテーマがこうなってるわけではないです)

キャプチャ画像

サイドバーに「カテゴリー」や「最新記事」などを表示させたり、テーマにもよりますが記事下に広告エリアを表示させるものもあったりします。

設定が簡素化されてるのが特長で、いずれも該当部分にチェックを入れたり広告コードをコピー&ペーストするだけで設定済みのレイアウトデザインで表示してくれる優れものの機能です。

ウィッシュリスト

オンラインショップなどでのウィッシュリストというのは、いずれ購入したいと思っている商品などを一時的に保存しておく機能のことです。

Amazonの「ほしい物リスト」と同じ機能ですね。

オウンドメディア

広義では自社が保有する(owned)メディアを総称したもので、パンフレットや広報誌、自社のウェブサイト・ツイッターなどのSNS・YouTubeなども含まれます。

狭義では自社で運営・情報発信を行うウェブマガジンやブログを一般的にオウンドメディアと呼ぶことが多いです。

オプトイン

利用者に加入や参加といった際の個人情報の収集や利用などを承諾してもらう手続きのことを指します。

ウェブの世界で代表的なオプトインと言えば「メールでの情報配信に同意してもらう会員登録のフォーム」なんかでしょうか。

こうして収集したメールアドレスにはメルマガなどを配信して本当に売りたい商品をアピールしたりします。

オンラインサロン

オンラインサロンというのは、ウェブ上で展開される月額会員制のコミュニティのことです。

「西野亮廣エンタメ研究所」なんかは有名ですね。

大ざっぱな特長としては

サロン主催者による限定コンテンツの配信

投資やビジネスや健康法など役に立つ情報を定期的に提供するタイプが多いです。

メルマガとも似てますが、一方通行でテキストベースのメルマガに対し、オンラインサロンでは動画の投稿や、主催者・会員同士のリアルタイムの意見交換などもできます。

会員同士の意見・感想交換

会員同士の交流や情報交換も可能なので人脈作りにも役立ち、仕事の幅も広がる可能性があります。

カスタム投稿タイプ

ワードプレスには実は複数の”投稿タイプ”があります。

よく使うのは皆さんご存知の「投稿」と「固定ページ」ですね。

「投稿」は日々更新する記事(コンテンツ)を書くのに適した投稿タイプで、「固定ページ」は中身がそう変わることのない、たとえば会社概要であるとか企業理念などの紹介とかに利用されます。

ここで『社員紹介ページ』とか『お知らせページ』を追加しようとしたとしましょう。

もちろん「投稿」や「固定ページ」内に書いてカテゴリー分けすればできないことはありません。

しかしながら通常の記事(コンテンツ)と中身の性質が若干異なる内容に関しては、別の投稿タイプを作ってそちらで一元管理した方がラクになる場合もあります。

これが新たな”投稿タイプ”のカスタム投稿というものです。

たとえばさきほどの『社員紹介ページ』用に別途カスタム投稿タイプを設定したり、『お知らせ専用ページ』や『更新履歴ページ』用にカスタム投稿タイプを設定なんて場合もあります。

そしてワードプレス管理画面内には「投稿」や「固定ページ」の他に、新たに設定した「(カスタム投稿タイプ名)」が出現します。

更新作業の際はそのメニューから直接編集画面を開けるのでとても便利です。

ただしこのカスタム投稿タイプを自分でイチから作ろうと思ったらかなり大変な作業になります。

そこでテーマの中には最初からカスタム投稿を設定して、利用者はコンテンツを書くだけでいいように簡素化しているモノも多数あります。

たとえばTCDのテーマの公式サイト上を覗くとひんぱんにカスタム投稿タイプというのが出てきます。

これは少しでもユーザーが使いやすいようにという理由から設定されてるものばかりです。

ゴーストボタン

背景が透明で枠だけのボタンのこと。

キャプチャ画像

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、企業などが自社の情報を公開したり発信するために運営する、いわゆる公式サイト的なものです。

わかりやすいところで言えば「企業理念」とか「会社情報」「製品情報」「プレスリリース」などがあります。

サイトアフィリエイト

FX専門サイトとか人材派遣専門サイトとかウォーターサーバー専門サイトといった特定の1ジャンル(もしくは1商品)の商品を紹介することで紹介(アフィリエイト)報酬を得る手法のことをサイトアフィリエイトと呼んだりします。

いわば専門店のようなサイト構成になるため、ブログをメインとした手法のブログアフィリエイトのように定期的にブログを書いていくというよりは、その商品の特長などを一気見せするようなサイト構成がほとんどです。

そのため一度サイトが完成してしまえばあとは内容の細かいアップデート(修正)以外はさほどひんぱんに手を付けることはありません。

その代わり専門的な内容を必要とするため事前のリサーチがかなり重要になってきます。

こういったサイトはワードプレスでももちろん作れますが、サイトアフィリエイトに適したワードプレス・テーマはそれほど多くないため、SIRIUSといったサイト作成ツールなどの方が作りやすい面もあります。

サイト回遊率

サイト回遊率というのは、利用者が一度の訪問でどれだけのページを見て回ってくれるか(回遊してくれるか)の指標のようなものです。

サイト回遊率が高ければサイト滞在時間も増えてSEO的にも有利になります。

アフィリエイトサイトならば収益にも反映するでしょう。

テーマの中にはこのサイト回遊率を高める機能を備えたものもあります。

(”特定の記事へのリンクをスライドショーで見せる”などもその一例と言えます)

ショートコード

ショートコードとはさまざまな動作や表現を短いコードに集約したものです。

各有料テーマが提供しているオリジナルのショートコードはもちろんテーマ内に設定済みです。

(ショートコードは自作することもできます)

このショートコードを投稿内に書くだけで、設定済みのレイアウトデザインで表示されたり複雑な動作を自動で行ってくれたりします。

通常は[xxxxxx]という形式で記入します。

(xxxxxxの部分にはテーマ側で設定してるコード名が入ります)

たとえばOPEN CAGEのテーマには

[box class="green_box" title="ここにタイトル"]ここにコンテンツを記載[/box]

というショートコードがあります。

(※赤文字の部分は変更可能、それ以外は設定済みのショートコードなので変更不可)

このショートコードを記事内に書くと下のように表示されます。

キャプチャ画像

※通常は繰り返し使うようなパーツにショートコードが使われます。

スクロール追尾機能

ホームページを下に下にスクロールしていったとき、サイドバーの内容が少ない(長さが短い?)時は途中でサイドバーが消えてしまい、サイドバーのあった空間には何も表示されず”無駄な”空白エリアが延々と表示されることになります。

”スクロール追尾”というのが正式名称かどうかはわかりませんが、要するにサイドバーの一部(※通常は最後尾)を空白エリアが出現する時点で固定表示(※スクロールしても追尾して表示)させてしまう機能です。

サイドバーが見えないエリア上では常にその部分だけはずーと目に触れるわけですから、本当に見てほしい記事へのリンクや広告などを設置するパターンが多いです。

この機能がついてないテーマもあります。

また通常はPC上に限っての機能で、スマホで見た場合は追尾機能を外して通常のサイドバーの一部として記事下に表示されることが多いです。

スプリット仕様

「スプリットレイアウト」とも呼ばれるスプリット仕様は、文字通り「スプリット=分割」するレイアウトデザインを指します。

具体的には画面を縦に2分割して見せる仕様で、独特な印象を与えることができます。

※コチラ↓は実際にスプリット仕様を取り入れてるサイトの一例。

鈴乃屋

東京農大 

ドロップシッピング

ドロップシッピングというのは、在庫を持たずに商品を販売できる簡易システムのことで、手軽に始められる副業・サイドビジネスとして利用している方も多いです。

仕組みとしては、商品の卸値に利益分を上乗せ(上限あり)した価格の商品をサイト上で紹介し、売れればその利益分が手に入るというものです。

在庫を持つ必要もなく出荷作業もなし。

会員登録も無料で、商品が売れなかったとしても損することもありません。

現在、ドロップシッピングと言えば「もしもドロップシッピング」がほぼその代名詞とも言えます。

もしもドロップシッピングでは専用のサイト作成機能(無料)もあることにはあります。

しかしそのレイアウトデザインはどうしてもチープになりがちで、なにより似かよってしまいます。

そのためドロップシッピング対応のテーマでワードプレスサイトを作れば、他サイトとの差別化が図れます。

もしもドロップシッピングは2020年4月末で終了です。

ニュースティッカー

ニュースティッカーというのは、ブラウザの上部などに”お知らせ”や”ニュース”などの(通常は一行)テキストを流す機能のことです。

平たく言うと電光掲示板のようなものですね。

一定時間が経つと流れるように次のテキストが入ってきたり、下から別のテキストが入ってくるなどの動きを伴うモノもあります。

ネイティブ広告

アフィリエイトサイトに広告は(当たり前ですが)付き物です。

その広告ですが、(テキストリンクを除いて)画像付きのバナー広告に関してはこれまでは”いかにも広告ですよ”といった雰囲気で表示されるものが一般的でした。

というかちゃんと広告ですよとわかるように表示しないとステルス広告と間違えられて何らかの”ペナルティ”をくらう可能性があります。

(サイト信頼度もダダ下がりでしょう)

これに対し最近増えてきたのが「ネイティブ広告」と呼ばれる広告形態。

これは「いかにも広告です!」という見た目ではなく、サイトのデザインに溶け込むようにコンテンツの一部のような見た目で表示される広告を指します。

たとえば(あなたも見たことあるでしょう)ツイッターのタイムラインにいかにも通常のツイートのような自然な感じで表示されるコチラ↓のような広告ですね。

ステマ広告と違ってちゃんと”プロモーション”と広告である断り書きが入っているのが特長です。

キャプチャ画像

ブログの記事一覧で表示されるネイティブ広告もあります。

たとえばコチラ↓はGoogleアドセンスの自動広告が途中に入っているパターンです。

キャプチャ画像

これらの広告に共通しているのは、”いかにも広告”然としてないので自然な流れでクリックしてもらえる確率が高まるというものです。

広告だらけのサイトという嫌なイメージを取り除く効果もあります。

これからはこういったネイティブ広告が増えてくるんでしょうね。

バイラルメディア

バイラル(Viral)というのは本来は「ウイルス性の」という意味合いで、そこから転じてウイルスに感染したかのようにFacebookやTwitterといったSNS(口コミ)での拡散力を利用して爆発的に広がることをバイラル効果といいます。

そのバイラル効果を狙って作成されたメディアがバイラルメディアで、話題性のある動画やインパクトのある画像などを大々的に用いて短期間で大きな口コミ効果を狙うようなブログ等はバイラルメディアの一部と言えます。

OPEN CAGEのワードプレス・テーマ「ストーク」や「スワロー」などは、アイキャッチ画像がブラウザの横幅いっぱいに広がる”バイラルメディア風”と称した機能を搭載しており、同じような効果を狙ったものです。

パララックス(デザイン)

パララックス(デザイン)とは『視差効果』とも言われ、ページのスクロールに応じて背景が絶妙なスピードで変化したり、それと共に表示される項目などが動きなどを伴って表示される演出を指します。

実際に採用しているサイトの一例がこちら↓

(※ご覧になる時期によってはデザインが変更になってる場合もあります)

株式会社 鈴屋

RINN

パララックスデザインを取り入れたサイトは、いろんな要素が異なるスピードで動くことで”立体感・奥行き”などを感じさせる効果があります。

ただし紹介するモノを「独創的にアピール」できたり「最後まで興味深く見てもらえる」内容でない限り、パララックスデザインに手を出すのはやめといた方がいいです。

ハンバーガーメニュー

PC上で表示されるグローバルナビゲーション、コチラの部分ですが、

キャプチャ画像

iPhone(スマホ)でみると通常は非表示になります。

あるいは(通称)ハンバーガーメニューで代替表示されることもあり、そこをタップするとPCと同じナビゲーションが表示されることが多いです。

ハンバーガーメニューというのは一般的にはコチラ↓の3本線のアイコンを指します。

見た目がまさにハンバーガーなのでそう言われるのでしょう。

キャプチャ画像

ヒーローヘッダー

通常ヘッダーというのはページの先頭部分の一角に画像などを置くことが多いです。

これに対し、ブラウザの画面いっぱいに画像(or 動画)を表示させる手法をヒーローヘッダーと言います。

ファーストビュー

ファーストビューとは、利用者がサイトのページを開いて最初に目に入る部分、つまりページの上部エリアのことを言います。

(厳密にはページをスクロールせずに表示された部分のみを指します)

ホームページの印象を左右するファーストビューは、利用者がページをそのまま見てくれるか、あるいはすぐに離脱してしまうかに大きく影響する部分であるため、ファーストビューでぐっと訪問者の意識を引き付ける必要があります。

それはインパクトのある画像だったり動きを伴う視覚効果によるものだったりといろいろですが、いずれにしてもいかにきちんとページの内容を簡潔に伝えられるかどうかが最大のポイントと言えます。

ファビコン

ファビコンとは、ブラウザのタブの左端に表示されるちっちゃなアイコンのことで、お気に入りに登録した時やデスクトップにドラッグ&ドロップした時に表示されるアイコンなんかも(サイズ違いの)ファビコンになります。

いわばそのホームページのシンボルみたいなものですね。

ファビコンが登録されてないホームページの場合は、ブラウザに登録されてるデフォルトアイコンで代替表示されます。

これと似たようなものにアップルタッチアイコンというのもあります。

こちらはiPhone(スマホ)やiPad(タブレット)用のアイコンになり、たとえばiPhoneのSafariで「ホーム画面に追加」を選ぶと、画面上にそのホームページに登録されてるアップルタッチアイコンが表示されます。

しかしながらアップルタッチアイコンを登録してないホームページの場合はサイトの画面キャプチャ(縮小版)で代替表示されます。

プラットフォーム

(インターネット上の)プラットフォームというのは、Amazonや楽天市場といった巨大インターネットショッピングモールを指します。

宿泊施設のじゃらんやアパレルのZOZOTOWNなどもプラットフォームの一部ですね

これらプラットフォームに共通しているメリットとしては

  • 集客の必要性がない(勝手に客が来る)
  • 売り上げがすぐに見込める

一方、デメリットとしては

  • 高い出店料や手数料のため利益が少ない
  • 低価格競争に巻き込まれる
  • モールへのリピーターはあっても店舗独自のリピーターが少ない

ZOZOTOWNから抜けたオンワードのように、集客力があればどこもプラットフォームには頼りたくないというのがホンネのようです。

ブランディング

ホームページ(ウェブサイト)におけるブランディングというのは、インターネット上で企業や商品やサービスなどのブランドイメージを効果的に効率よく伝えることです。

ビジュアルを多用したりレイアウトデザインに工夫を凝らすこともブランディングの一部ですし、ターゲットを明確にしてユーザーの志向にマッチしたコンテンツを提供するのもブランディングの一部です。

フルードグリッド

グリッド仕様(グリッドレイアウト)というのは、罫線や升目(グリッド)に沿って要素を配置するレイアウトを言います。

雑誌の紙面のように、ページを方眼のように同じ大きさの正方形や長方形に分割して要素を組み合わせていくパターンが一般的です。

そしてブラウザーの横幅が変わっても縦横比を維持したまま拡大・縮小するグリッドレイアウトフルードグリッド仕様(レイアウト)と言います。

(※フルード=流体の・流れるような)

要するにレスポンシブデザイン仕様のグリッドレイアウトと思ってください。

ブログアフィリエイト

文字通り、定期的にブログを書き続けていくことでアフィリエイト報酬を得る手法のことです。

たとえば”ダイエット”といった1個のテーマ(ジャンル)に特化したブログの場合もあれば”生活雑記”といったような幅広いジャンルについて書くブログなどもあります。

いずれにしても自分の体験談がベースであったりニュース性の高いネタについてまとめてみたりと、読者のためになるような記事を提供しつつ、記事内に出てきた商品等を紹介(アフィリエイト)することで報酬を得るものです。

ワードプレスで作るサイトはこのブログアフィリエイトには最適なツールと言えます。

一方で、特定のジャンルや商品を細かく紹介することでアフィリエイト報酬を得る手法はサイトアフィリエイトなどと呼ばれています。

ポータルサイト

大手のニュースサイト、大規模なウェブマガジンなどのように、膨大な量の情報を扱うサイトポータルサイトと言います。

文字通り玄関口(portal)としての役割をなします。

ポートフォリオサイト

ポートフォリオサイトというのは、本来はクリエーター自身が作った作品などを公開するホームページのことを指します。

主に画像が中心のサイトになることが多いです。

ただ最近は画像中心のサイトであればポートフォリオサイトと呼ぶこともあります。

マイクロコピー

マイクロコピーというのは(メルマガなどの)登録ボタンやお問合せ or 資料請求ボタンや写真画像、サインアップ画面、確認メッセージなどに添えられるちょっとしたテキストメッセージのことです。

たとえばメルマガ登録ボタンの下に「登録は無料・いつでも解除できます」とか、資料請求ボタンの脇に「無料で資料をダウンロード」とかのテキストを見たことないですか?

あれがマイクロコピーです。

(写真に添えられるキャプションもマイクロコピーですね)

ボタンだけだと「本当にクリックしても大丈夫なんだろうか?」という不安や疑問が生じますが、”無料”とか”いつでも解除可能”という一言があるだけで人は安心してクリックしてくれます。

このようにマイクロコピーには『ユーザーが疑問を持つことなく快適にサービスなどに申し込める』ようにする縁の下の力持ち的な働きがあるため、アフィリエイトサイトなどでは売上アップの一つの手法としてよく使われます。

しかも低予算で短い言葉で即効性もあるので使わない手はないでしょう。

メガメニュー

ホームページの上部近辺に各カテゴリーや各ページへのリンクが貼られたテキストメニューを通称グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)と言います。

(中にはドロップダウンでさらに階層分け表示されるものもありますが)テキストをクリックするとリンク先ページが開くというものですね。

キャプチャ画像

これに対しメガメニューというのは、ドロップダウンメニューのスペースを広げて表示可能な情報を多めに配置したメニューのことです。

たとえばコチラ↓は日本通運のオフィシャルページの”サービス・ソリューション”というタブにマウスを乗せた時のキャプチャ画像です。

キャプチャ画像

画像などを使って視認性を向上させたりいくつものリンクメニューを一度に表示するなどして、利用者が目的のコンテンツまで一発でたどり着ける工夫がされているのが特長です。

モーダルウィンドウ

モーダルウィンドウというのは、ウィンドウ内に記された操作を完了するかキャンセルをしなければ閉じることも他の操作をすることもできないウィンドウを指します。

ウインドウの外側が暗っぽくなるパターンが多いでしょうか。

キャプチャ画像

特定の操作をさせたり確認を促したりするこの表示方法は販売側やサービス提供側にとっては”効果的な”手段の一つではあるんですが、場合によってはユーザー側のストレスの元にもなりかねません。

諸刃の剣でもあるので使いどころには注意が必要です。

ランディングページ

”LP”とも略されることの多いランディングページは、最終的に商品やサービスなどを販売するページを指すことが多いです。

文字通り”着地点”ですね。

一般的には通常の記事ページよりは長めになることが多く、売りたい商品(サービス)がいかに素晴らしいかの説明に特化したページになることがほとんどです。

またページの内容だけに集中してもらうべく、普通は1カラム(※サイドバーなし)での作成になります。

リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)

検索をかけて表示される検索結果画面には一般的にはサイト名称やサイトの概要・抜粋などの文章(テキスト)情報が表示されますが、それらがスニペットと呼ばれるものです。

リッチスニペットというのは、上記テキスト情報に加えて画像やレビュー・評価・価格・イベント情報といった付加情報まで表示してくれるものです。

通常のスニペットの中身を”リッチ(豊富に)”したスニペットということですね。

このリッチスニペットを表示させるためには構造化データマークアップという作業が必要です。

構造化データマークアップというのは、検索エンジンが理解しやすいように専用のタグを使って付加情報を記述することで、この構造化データを設定する際の仕様の一つとしてよく耳にするのがMicrodataJSON-LDというもの。

このうちGoogleが推奨してるのが、Microdataに較べてコンピュータが理解しやすい(コードがよりシンプルな)形式のJSON-LDです。

ワードプレス・テーマの中にはJSON-LD対応とうたっているものもありますが、こういうことなんですね。

構造化データマークアップを設定することで検索順位が上がるという効果はありません。

ただしリッチスニペットを検索結果に表示させることが可能になるので、より目につきやすくなるという効果は期待できます。

レスポンシブ(ウェブ)デザイン

レスポンシブウェブデザインとは、PCやタブレット・iPhone(スマホ)などの画面サイズをブラウザが自動で判断し、それぞれの画面サイズに応じてその都度最適なレイアウトデザインで表示させる仕組みのことを言います。

そのためレスポンシブデザインで作られたサイト(※当サイトで使用しているテーマもレスポンシブデザインです)は、PCでブラウザを開いてそのままブラウザ幅を狭くしていくと、ある一定のサイズを境にレイアウトデザインが変わるのが確認できます。

(疑似的にタブレットやスマホで見ている環境を再現できるという感じでしょうか)

※それまでは見る機器をブラウザが判別して、その都度”PC用の設定”・”iPhone(スマホ)用の設定”といったような専用の設定を読み込むというのが一般的でした。

子テーマ

通常はテーマを別のテーマに差し替えると、(カスタマイズ)設定のいくつかは差し替えたテーマ上で新たに設定し直す必要があります。

しかしながら”やっぱり元のテーマに戻したい”と思って再び元のテーマに戻した場合でも、完全には設定が復元されず、大方が最初からの設定し直しになります。

あるいはテーマをバージョンアップした場合、同名ファイルは新しいファイルで上書きされます。

こんなときもしもテーマファイルを直接カスタマイズしていた場合は、カスタマイズしたファイルがバージョンアップの新ファイルで上書き(リセット)されてしまうため、それまでのカスタマイズ内容が全部消えてしまいます。

こういったときに便利な機能が子テーマというものです。

(具体的には”親”にあたる元々のテーマフォルダの他に”子”テーマ用のフォルダが作成されます)

子テーマというのは、テーマ自体の変更もしくはテーマのバージョンアップによる変更(リセット)の影響をいっさい受けません

一般的には親となる元々のテーマファイルを、たとえばheader.phpならheader.phpを子テーマ内にコピーし、子テーマ内のheader.phpをカスタマイズします。

実際の読み込みファイルは子テーマのheader.phpのみで、親テーマ内のheader.phpは読み込まれません

よって親テーマがアップデートされても子テーマのheader.phpはそのまま残るため、カスタマイズするなら子テーマと言われているのです。

ただしアップデートによって親テーマのheader.phpが新機能追加などで大幅に変わった場合は、古いheader.phpをコピーしたままの子テーマでは正常にサイトが表示されなくなったり新機能が使えなくなる危険性もあります。

この場合はカスタマイズ箇所をバックアップした後、新しいheader.phpを再度子テーマにコピー、その後に再びheader.phpをカスタマイズするなどの手間がかかってしまいます。

多少のカスタマイズ程度なら子テーマはとても便利ですが、大幅なカスタマイズをする場合はかえって足かせになる場合もあるので注意が必要です。

クールでかっこいいWordpressテーマ ver.16などは最初から子テーマが準備されてるのでアップデートなどによる影響はほとんどありません。

※例外としてfunctions.phpだけは特殊な読み込みになるので、子テーマ内にfunctions.phpがある場合は上級者以外はあまり触らない方がいいでしょう。