アイキャッチ画像
HOME > テーマ一覧 > Colorful > 【日本語WordPressテーマ】Colorful

【日本語Wordpressテーマ】Colorful

ランディングページ(LP)作成に特化したWordPressテーマがColorful(カラフル)です。

Colorfulの方向性

追記 -2022.3.25-

2022年2月の大型アップデートでブロックエディター対応になりました。

またそれに伴い新機能も大幅に増えてます。

これ以降の内容は大型アップデート以前の内容であり、新バージョンの詳細が整い次第、変更内容を追加する予定です。

Colorfulが他のテーマと大きく異なる点は、人の目を引く見栄えのいいランディングページ(以下、LP)を作るためだけに開発されたワードプレス・テーマだということ。

たとえば商品を購入してもらうためのセールスレターだったり集客用イベントの案内ページだったりメルマガ登録を目的としたページだったりと使い道は無限大。

(※メルマガ配信機能はご自身で用意する必要があります)

LPというのは外注すれば30,000円~それこそ凝ったページなら100,000円くらいかかります。

時間だってかかります。

しかも更新作業が発生すればその都度お金とやっぱり時間がかかってしまいます。

ColorfulでLPを作るということは経費削減ももちろんですが、ご自身のイメージに近いLPを思いのままにいつでも作れる・更新できるというのが大きなメリットと言えるでしょう。

外注はしたくない、でも無機質で面白みのないLPしか作れないというお悩みがあるなら、これからご紹介するColorfulのオリジナル機能を存分に使って集客効果アップを狙ってみてはいかがでしょう。

Colorfulを使って一つ(もしくは複数)のLP専用のサイトを作るなら何の問題もありません。

しかしながらColorfulはワードプレスの一つのテーマなので、”既存のサイトのLPページ作成用にそのまま組み込もう”とした場合はテーマの変更が生じてしまい、そのままでは運用できません。

これはサブディレクトリ(or サブドメイン)を利用すれば疑似的に同一ドメイン内のLPとして利用することができます。

このページの最後にやり方を載せてるので参考にしてみてください。

購入ボタン画像

”初心者”のための用語解説

※当サイトで紹介しているテーマ内に出てくる独自(専門)用語の意味がイマイチわからないという方のために用語の解説ページを作っておきました。

以下の用語について簡単に解説してます。【五十音順】

【ABテスト・AMP・CSS非同期読み込み・CTA・ECサイト・gzip・OGP&ツイッターカード・PWA・Welcart(ウェルカート)・WooCommerce(ウーコマース)・アップセル&クロスセル・ウィジェット・ウィッシュリスト・オンラインサロン・カスタム投稿タイプ・コーポレートサイト・サイトアフィリエイト・サイト回遊率・ショートコード・スクロール追尾・スプリット仕様・ドロップシッピング・ニュースティッカー・バイラルメディア・パララックス(デザイン)・ハンバーガーメニュー・ヒーローヘッダー・ファーストビュー・ファビコン・プラットフォーム・ブランディング・フルードグリッド・ブログアフィリエイト・ポータルサイト・ポートフォリオサイト・マイクロコピー・メガメニュー・モーダルウィンドウ・ランディングページ・リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)・レスポンシブデザイン・子テーマ】

サイトデザイン

デザインの妙

各種パーツをワンタッチでほぼ自由な位置に設置できるので、レイアウトは無限と言えます。

Colorfulパズル感覚で各パーツを設置できるシステムゆえ、レイアウトデザインに関しては他のテーマと較べて高い柔軟性を持ち合わせています。

装飾機能が豊富で、以下のサンプルレイアウトでわかるようにクォリティもそこそこのもの。

もちろん公式サイトもColorfulで作られてます。

こういったLPが、HTMLやCSSといった専門知識がない初心者でもブログを書く感覚で簡単に作ることができるんです。

キャプチャ画像

キャプチャ画像

全画面ヘッダー

通常のヘッダー以外に、画面いっぱいに広がる全画面ヘッダーが設置できます。

キャプチャ画像

管理人

よりインパクトの強いヘッダーで成約率のアップが期待できるかも。

オリジナル機能

オリジナル機能の妙

ヘッダー見出しチェックマーク各種フォームが1タッチで設置できる素早い操作感

カウントダウンタイマー目を引く矢印YouTube動画ボタン画像なんかもサクッと挿入できます。

公式サイトでは”ランディングページが3分で作れる!”と豪語してます。

確かにテキストさえ用意できてれば短いものなら3分で作れないこともないでしょう。

でも実際にはいろんな機能を試しながらデザインを考えながらの作業になるので、そこそこの時間はかかるハズです。(笑)

それでも便利な機能が数多く搭載されてるので、見栄えのいいLPが出来上がるまでさほど時間はかからないでしょう。

このあとColorfulのオリジナル機能をいくつかご紹介していきますが、公式サイトには紹介動画も用意されてるので併せてご紹介しておきます。

Colorfulの操作方法

ヘッダー作成機能

画像編集ソフトのような細かい加工はさすがに無理ですが、Colorfulには豊富に用意されてる背景画像にテキストを挿入するだけでそれなりのヘッダー画像が作れる機能が搭載されてます。

これなら「ヘッダー画像作りが大変」という初心者の方でも問題ないでしょう。

キャプチャ画像

ボタン設置機能

1タッチでボタンが設置でき、文字も自由に変更可能です。

キャプチャ画像

ボタン用素材の他にも矢印素材や装飾文字素材といった300種類にものぼる画像素材が付いてます。

キャプチャ画像

見出し類

見出しデザインも豊富に揃ってます。

キャプチャ画像

カウントダウン機能

商品の販売終了や特典終了までの時間をカウントダウン方式でLP上部に表示してくれるカウントダウン機能が搭載されてます。

通常はスクリプトを導入しないとできないものですがColorfulならいとも簡単に設置できちゃうんですね。

(終了後にはジャンプするURLを指定することも可能)

管理人

”早く買わないとなくなっちゃう、早く申し込まないと終わっちゃう”という消費者の購買意欲を刺激するWEBマーケティングの一種ですね。

キャプチャ画像

カウントダウンタイマー

ホバーウインドウ

ページを閉じようとしたとき、再考を促すダイアログ(ホバーウインドウ)を表示させる機能です。

あなたも見たことがあるんじゃないでしょうか、ページを閉じようとしたときに『本当に閉じても大丈夫ですか?』みたいなダイアログが出るページを。

あれです。(笑)

といってもColorfulのホバーウインドウはCTAのようなそれなりのデザインで表示させることができるので、そんなにそっけない感じではありません。

ただこの機能、ページを閉じようとした訪問客がもう一度考え直してくれるメリットがある反面、”ウザい”と感じる訪問客がいることも確かです。

使いどころには若干の注意が必要です。

(ホバーウィンドウの表示・表示は選択可)

ホバーウィンドウ

背景の設定

LPの内側も外側も、どちらの背景も単色背景や画像背景をLPごとに自由に変更することができます。

管理人

背景をアレンジするだけでもLPの雰囲気がガラっと変わるから、上手に使いたいところだね。

キャプチャ画像

枠装飾

テキストエリアや画像にいろんなパターンのを付けられます。

キャプチャ画像

フォームデザイン機能

フォームの背景や枠線、ボタンなどを多くのバリエーションから選ぶことができます。

キャプチャ画像

メニュー機能

LP上部に表示可能な(グローバル)メニューは複数のLPページへの移動(遷移)も同ページ内の特定の位置へのスクロール移動もどちらも可能。

メニューはページをスクロールすると追尾するようになってます。

スマホ最適化

もちろんレスポンシブデザインなのでスマホで表示した時も最適なレイアウトで表示されます。

キャプチャ画像

そのほか文字サイズの変更Youtube動画MP3音声の埋め込みといった便利機能もまだまだあるので、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

どんな方におススメ?

  • 販売ページやメルマガ登録ページをオシャレにサクッと作りたい
  • ツールの使い方を覚えるのが苦手なので簡単にLPが作れるツールを探してる

Colorfulは直感的な操作でブログを更新するかのようにLPを作成できるのが魅力です。

そうはいっても搭載されてる機能(パーツ)を使い過ぎるとかえってギラギラしたLPになってしまいがちなので、機能は厳選して程よく使うのが”クールでオシャレ”なLPを作るコツです。

ただレイアウトサンプルをご覧になってわかるように、かっちりした企業サイトのLPとして使うにはデザイン面や機能面で”ちょっと違うかな”感がなきにしもあらず。

ブログサイトアフィリエイトサイトなどでの利用ならばColorfulはおススメのテーマです。

使い方に関しては詳しいLP制作の動画マニュアルがあるのでとまどうことはさほどないでしょう。

同一ドメインでの運用方法

Colorful(カラフル)はワードプレスの1つのテーマなので、現在運営中のサイトに取り込んで使おうとすると既存のテーマが使えなくなってしまうというデメリットがあります。

これはサブディレクトリ(もしくはサブドメイン)に新たにワードプレスをインストールし、そこにColorfulを入れることで(疑似的に)同一ドメイン内でのページ表示が可能になります。

たとえばhttps://sample.com/というドメインがあったとしてこの下に「lp」というサブディレクトリを作成したとします。

そこ(lp)にワードプレスをインストールしてColorfulをテーマに設定すれば、https://sample.com/lp/以下のページはColorful用のワードプレスで管理できると同時に同一ドメイン内でのLPとして認識されます。

サブドメイン(※たとえばhttps://lp.sample.com/)でも同じようなことができます。

購入ボタン画像

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)