【日本語WordPressテーマ】LP Creator

当ページの一部リンクにはプロモーションが含まれています。
アイキャッチ画像

ここに記載の内容はあなたがご覧になる時期によっては内容に変更が生じているケースもありますため、必ず公式サイトでご確認ください。

ランディングページ(LP)作成に特化したWordPressテーマがLP-Creatorです。

↓公式(デモ)サイトはこちらをチェック↓

目次

LP Creatorの主な特長

  • デザイン済みのブロックをパズル感覚で並べるだけでプロ並みのLPが完成
  • デザインやプログラミングの知識はいっさい不要
  • カウントダウンタイマー・ABテスト・実績・お客様の声など売り上げを増やすための機能も多数搭載。

LP Creatorを使ってLP専用のサイトを作るなら何の問題もありません。

しかしながらLP Creatorはワードプレス・テーマなので”既存のサイトにLPページとして追加”しようとした場合はテーマの変更が生じてしまい、そのままでは運用できません。

これはサブディレクトリ(or サブドメイン)を利用すれば疑似的に同一ドメイン内のLPとして利用することができます。

このページの最後にやり方を載せてるので参考にしてみてください。

ブロックエディター対応状況
完全対応・一部対応・未対応×
完全対応・一部対応・未対応の違い

ワードプレス標準搭載のブロックエディター機能どのテーマでも使えます

その中でもテーマオリジナルのブロック機能を駆使してブロックエディターだけでサイト作成が完了するものを当サイトでは完全対応と呼んでます。

これに対しオリジナルのブロック機能の開発は進んでいるもののクラシックブロックなどでの限定的な利用にとどまるテーマは一部対応としてます。

そしてオリジナルブロック機能は非搭載もしくは数えるほどで、ベースとなる編集は旧エディターというテーマは未対応という位置づけにしてます。

※当サイトで紹介しているテーマ内に出てくる独自(専門)用語の意味がイマイチわからないという方のために用語の解説ページを作ってみました。

以下の用語について簡単に解説してます。【五十音順】

ABテスト・AMP・CTA・CTR・ECサイト・gzip・OGP&ツイッターカード・PWA・Welcart(ウェルカート)・WooCommerce(ウーコマース)・アップセル&クロスセル・アノテーション・ウィジェット・ウィッシュリスト・オウンドメディア・オーバーレイ・オプトイン・オンラインサロン・カスタム投稿タイプ・カルーセルスライダー・ゴーストボタン・子テーマ・コーポレートサイト・サイトアフィリエイト・サイト回遊率・ショートコード・スクロール追尾・スプリット仕様・ドロップシッピング・ニュースティッカー・ネイティブ広告・バイラルメディア・パララックス(デザイン)・ハンバーガーメニュー・非同期読み込み・ヒーローヘッダー・ファーストビュー・ファビコン・プラットフォーム・ブランディング・フルードグリッド・プルクオートブロック・ブログアフィリエイト・ポータルサイト・ポートフォリオサイト・マイクロコピー・メガメニュー・モーダルウィンドウ・ランディングページ・リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)・レイヤー画像・レスポンシブデザイン

LP Creatorの主なオリジナル機能

LP Creatorは完全ブロックエディター対応で、直感的な操作で複雑なレイアウトも簡単に組むことが可能。

全35種類のオリジナルブロック

当記事作成時点で35種類のオリジナルブロックが搭載。
(追加のオリジナルブロックも随時開発中)

キャプチャ画像

”売る”ための機能の一例をご紹介

カウントダウンタイマー

指定した日時や、利用者がアクセスしてからの経過時間でカウントダウンするタイマーが設置可。

キャプチャ画像

ABテスト

2つのパターンをランダムに表示させるABテスト
異なるテキストや画像、デザインの反応をテストできます。

同梱プラグインページビュー・ボタンの表示数・クリック数・クリック率も計測可。

キャプチャ画像

お客様の声

実際に商品やサービスを利用したユーザーの声を届けられる『お客様の声』が作成可能。
星アイコンによる評価も設定可。

キャプチャ画像

比較表

見やすい比較表(テーブル)が簡単に作成可。

キャプチャ画像

実績・受賞歴

商品やサービスの実績や受賞歴が作成可能。
背景画像はリーフ4種類、メダル4種類の中から選択可。

キャプチャ画像

その他のブロックもいくつかご紹介

セクションブロック

メインコンテンツエリアからはみ出してブラウザ表示フル幅で表示可能なブロック。
もちろんセクションの色は変更可。
(単色やグラデーションも設定可)

キャプチャ画像

質問と回答

「よくある質問」などで使えるFAQブロック。

キャプチャ画像

ボックスブロック

囲み枠作成機能。
背景色やボーダーの色・シャドウの色や濃さなども細かく設定可。

キャプチャ画像

オリジナル機能【その他】

豊富なボタンスタイル

フラットなデザインからリッチなデザインまでボタンスタイルも豊富に用意。
ボタンの前後に配置できるアイコンも複数用意。

キャプチャ画像

カラーパレット

好きなカラーをカラーパレットに登録できる機能を実装。
頻繁に利用するカラーを事前に登録しておけばワンクリックで好みのカラーを指定可。

キャプチャ画像

端末ごとの表示切り替え機能

PC・スマホ・タブレットごとに表示・非表示を切り替えられる機能を搭載。

キャプチャ画像

ポップアップ

ページにアクセスしてから経過した秒数、あるいは指定の位置までスクロールした段階でポップアップを表示可能。

Webフォント対応

GoogleフォントのNoto Sans JP、M PLUS 1p、M PLUS Rounded 1cが選択可。

自動アップデート

テーマと付属プラグインは管理画面から簡単にアップデート可能

ブログ・お知らせ機能

LPに特化したテーマですが、ブログやお知らせを作成する機能も実装されてます。

サポート

メールでのサポートが用意されてます。
また同一人物によるサイト作成なら複数サイトでの利用も可。

どんな方におススメ?

  • プロなみのLPを低価格で手軽に作れるツールを探してる。
  • LP制作を受注・代行したいWeb制作者、Webデザイナーの方にもおススメ。
  • LPを使ってセミナーなどの集客をしたい。

↓公式(デモ)サイトはこちらをチェック↓

同一ドメインでの運用方法

LP Creatorはひとつのワードプレス・テーマなので、現在運営中のサイトに取り込んで使おうとすると既存のテーマが使えなくなってしまうというデメリットがあります。

これはサブディレクトリ(もしくはサブドメイン)に新たにワードプレスをインストールし、そこにLP Creatorを入れることで(疑似的に)同一ドメイン内でのページ表示が可能になります。

たとえばhttps://sample.com/というドメインがあったとします。
この下に「lp」というサブディレクトリを作成します。
そこ(lp)に新規でワードプレスをインストールしてテーマにLP Creatorを指定すれば、https://sample.com/lp/以下のページはLP Creator専用のワードプレスで管理できます。
同時に同一ドメイン内でのLPとしても認識されます。

サブドメイン(※たとえばhttps://lp.sample.com/)でも同じようなことができます。

サブディレクトリやサブドメインの追加方法は各レンタルサーバーで異なるのでご利用のサーバーのヘルプ等を参照してください。

LP作成に特化したテーマやプラグインがこのページを含めてほかにもあります。

スクロールできます
Colorfulランディングページ作成に特化したブロックエディター対応テーマ。詳細ページ公式サイト
LP Ctreator自由度の高いランディングページ作成用ブロックエディター対応テーマ。詳細ページ公式サイト
LPtools高品質なLPが短時間で作れるワードプレス用プラグイン。詳細ページ公式サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次