アイキャッチ画像
HOME > テーマ一覧 > TCD > 【日本語WordPressテーマ】GLAMOUR(TCD073)

【日本語Wordpressテーマ】GLAMOUR(TCD073)

大手のECプラットフォーム(巨大ECショッピングモール)に頼ることなく、大規模セレクトショップでも活用可能な設計のもとに開発されたテーマがTCD73番目のWordpressテーマGLAMOUR(グラマー)です。

GLAMOURの方向性

GLAMOURの一番の特長は国産のECプラグインWelcart(無料)に対応したワードプレス・テーマだということ。

GLAMOURの方向性としては

  • 商品ジャンルがどれだけ多かろうが商品点数がどれだけ多かろうが、スムーズに運営していける柔軟なシステム設計ショップデザイン
  • ネットショップをスムーズに機能させるためのショップ運営機能がいくつも用意されており、いずれも直感的な操作で完了
  • 商品を並べるだけの一方通行的な販売方法ではなく、特集記事スタッフブログ投稿者一覧などを駆使しながらモノの良さや商品に対するショップの姿勢などをファンに伝えられる集客構造

出店料(手数料)を払って商品をただ大々的に宣伝するだけの(プラットフォーム依存型)ネットショップでは利益も少なく顧客もつきにくいものです。

この辺で自由な発信が可能な自社ECサイト(ネットショップ)に思い切って切り替えてみてはいかがでしょう。

購入ボタン画像

”初心者”のための用語解説

※当サイトで紹介しているテーマ内に出てくる独自(専門)用語の意味がイマイチわからないという方のために用語の解説ページを作っておきました。

以下の用語について簡単に解説してます。【五十音順】

【ABテスト・AMP・CSS非同期読み込み・CTA・ECサイト・gzip・OGP&ツイッターカード・PWA・Welcart(ウェルカート)・WooCommerce(ウーコマース)・アップセル&クロスセル・ウィジェット・ウィッシュリスト・オンラインサロン・カスタム投稿タイプ・コーポレートサイト・サイトアフィリエイト・サイト回遊率・ショートコード・スクロール追尾・スプリット仕様・ドロップシッピング・ニュースティッカー・バイラルメディア・パララックス(デザイン)・ハンバーガーメニュー・ヒーローヘッダー・ファーストビュー・ファビコン・プラットフォーム・ブランディング・フルードグリッド・ブログアフィリエイト・ポータルサイト・ポートフォリオサイト・マイクロコピー・メガメニュー・モーダルウィンドウ・ランディングページ・リッチスニペット&構造化マークアップ(JSON-LD)・レスポンシブデザイン・子テーマ】

TCDテーマの管理画面には「テーマオプション」というカスタマイズ項目が出てきます。

サイト全体のカラーを変えたりロゴを設定したり、ファビコンの設定や文章・見出しのフォント(書体)設定、フッター情報の登録、SNSボタンの設定といった通常ならとても面倒な設定が、この「テーマオプション」操作画面上で手順通りに進めるだけで完結します。

ネットショップ関連機能

GLAMOURにはネットショップを運営するに当たって効率的な機能が数多く搭載されています。

Welcart対応テーマ

GLAMOURは無料の日本語ショッピングカートプラグインWelcart(ウェルカート)に対応したワードプレス・テーマ。

このWelcartを使うことでショッピングカート・メール・受注リスト・顧客リストの導入なんかがスムーズに行えます。

しかもGLAMOURにはECサイトに必要な機能・デザインがあらかじめ組み込まれているので、専門知識がなくてもカンタンに自社ECサイトを運用することができます。

管理人

Welcartの拡張プラグインを利用すれば機能をさらにパワーアップすることも可能だよ。

(拡張プラグインは無料・有料のものあり)

商品管理機能で一元管理

Welcart側の機能にはなりますが、管理画面から商品登録削除が簡単にできます。

ポイント還元率最大購入数配送日の目安といった細かい設定もできます。

キャプチャ画像

また商品の入れ替わりが激しい業種だと狙った時期にキャンペーンセールなどを確実に打ち出す必要がありますが、GLAMOURなら予め商品マスターに登録されたリストを基に、管理画面上で商品を簡単に入れ替えることができます。

管理人

関連商品なども登録しておけば、いざという時に余計な手間をかけることなくスムーズな商品管理ができそう。

マーケティングに活かせる顧客管理

「Welcart」には基本的な顧客管理機能が実装されています。

キャプチャ画像

顧客データは地域や購入ランクや購入商品ごとに分けて出力できるので、そのデータを基にメルマガなどで後追いマーケティングもできます。

顧客データほど貴重なデータはありませんからうまく活用していきたいものです。

知りたい情報がその場でわかる商品一覧

商品一覧ページは、そこで商品の概要がほぼわかってしまうぐらい多くの情報を表示させることができます。

たとえばカテゴリー・価格・在庫の有無などを基準にした瞬時の並べ替え機能や、”NEW”や”SALE”といったラベルのありなし2枚の異なる画像をマウスオーバーだけで切り替え可能など、他のページを開かずともその場で多くの情報がわかるような工夫がされています。

キャプチャ画像

管理人

つまるところ、どれだけ消費者目線に立ってページ作りができるかってことだよね。

すっきりと見やすい商品詳細ページ

当然のことながらネットショップでは消費者が実物を手に取って確認することはできません。

だからこそ商品写真に力を入れたり体験レビューなどを載せてできるだけ実体験に近いイメージを思い起こさせる努力をするものです。

しかしながらもしもそのページが某大手ショッピングモールのように仰々しい広告画像や過剰なまでの宣伝文句ばかりが並んで肝心の知りたい情報がすぐには見つからなかったとしたら…訪問客が途中で他のサイトに移ってしまう可能性は決して少なくはないでしょう。

その点GLAMOURの商品詳細ページは華やかさはないかもしれませんがすっきりと見やすくわかりやすいレイアウト構成で表示される仕様になっています。

キャプチャ画像

商品画像にマウスを合わせるとその場で拡大表示も可能。

アイテム詳細・レビュー・注意事項といった情報関連はタブ表示で簡単に切り替え可能なので、情報量が多すぎずスッキリとしたデザインでとても見やすくなってます。

またページ下部にはおススメ商品や関連商品はもちろんのこと、Amazonなんかではお馴染みの”最近チェックした商品”を表示させることもできます。

この機能は消費者の忘れていた記憶を思い起こさせるので売り上げアップにつながる効果が期待できます。

キャプチャ画像

充実した会員機能

ECサイト用ワードプレス・テーマですから会員登録カートを見るなどの機能ももちろん揃ってます。

(※一部、Welcart側の機能あり)

会員登録時には規約同意用チェックボックスを表示させることもできますし、商品購入時にはポイント適用も可能。

決済手段に関してはPayPalや銀行振込だけでなく、(Welcart側の機能にはなりますが)各種クレジットカードLINE Payといった決済も可能です。

キャプチャ画像

キャプチャ画像

ランキング表示

ランキングというのは消費者が商品購入の際に最も参考にする指標の一つでもあります。

GLAMOURにもそのランキング機能が備わっており、固定ページの「ITEM RANKING」テンプレートを使うことで商品購入数や閲覧数に応じたランキングを表示させることができます。

しかもリアルタイムで自動更新されるので、常に最新の情報を流すことができるんですね。

キャプチャ画像

また商品の前後を撮影した2枚の画像を用意している場合は、画像にマウスを乗せると縦にスライドして2枚目の画像が自動で表示される仕組みになってます。

これならイチイチ商品詳細ページに行って画像をチェックする手間も省けるので、利用者のストレス軽減・快適なショッピングにもつながります。

投稿者一覧

GLAMOURにはスタッフの人間味を発信する機能が備わっています。

それが”投稿者(スタッフ)一覧”機能。

一覧と言ってもただのスタッフの紹介欄ではなく、本来の役割はその一覧からスタッフ別のページにジャンプさせることで彼らが発信する(ブログ or 特集)記事をチェックしてもらうところにあります。

日々の出来事を素直につづったスタッフブログしかり、投稿者(スタッフ)目線で発信するコーディネート術を盛り込んだ特集ページしかり、スタッフの人間的魅力を発信することは集客という点でとても有効な戦略といえます。

キャプチャ画像

オリジナル機能

オリジナル機能の妙

焦点を絞って見やすくしたGLAMOURのトップページは、利用者の目をぐっと引きつける工夫が散りばめられています。

訪問者の興味をかきたてるトップページコンテンツ

トップページはコンテンツビルダーにお任せ。

テキスト入力や画像のアップロードだけで設定が完了するので、労力をかけずに手軽にトップページが作れます。

たとえばデモサイトなら第3ブロック以降はコチラ↓のようなコンテンツビルダーで設計されてます。

キャプチャ画像

またサイト制作の知識がある方向けに、HTML記述で自由に書けるフリースペースなんかもあるので幅広い使い方ができます。

柔軟なヘッダーコンテンツ

利用者が最初に目にする(ファーストビュー)ヘッダーコンテンツは、サイトを開いた瞬間に何を売ってる”店”なのかが伝わらないとせっかくのお客さんを惑わせてしまいます。

GLAMOURのヘッダー部にはMP4やYouTube動画だけでなく2分割スライドを最大10スライド表示できる分割スライダー機能が搭載されてます。

そこに思い思いの表現でこだわりのアイテムを紹介することでサイトの印象を一気に決定づけさせることができます。

またアイテムだけでなくブログ特集記事などのコンテンツを表示させることもできるので、他とは一線を画したECサイトと印象付けさせることができます。

管理人

このサイトには何か面白そうなものがありそう」といったワクワク感を起こさせることで商品やブランドへの期待感をさらに高める、そういった戦略なんだろうね。

Welcartに商品登録しているアイテムならば価格も併記できます。

ヘッダー下の(カルーセル)スライダー表示部では任意の商品ページやブログ記事ページも選択できるので、脚光を浴びにくくなった商品や読ませたい記事などに重点的に焦点を当てることもできます。

キャプチャ画像

高機能なページビルダー

GLAMOURのページビルダーは投稿記事内でスライダー・タブ・2カラム or 3カラムレイアウト・画像リスト・キャッチフレーズなどを直感的に操作しながら設定することができます。

各項目の移動もドラッグ&ドロップでカンタン。

キャプチャ画像

管理人

このページビルダーは投稿記事内だけでなく固定ページやカスタム投稿タイプ「特集」でも利用できる優れもの。

細かい設定が可能なモーダルCTA

GLAMOURには、すべてのページで表示可能なモーダルウィンドウタイプのCTA機能が備わってます。

デモサイトではページを開くとキャンペーン情報などが載ったウィンドウがふわっと表示されますが、そこには任意の画像やテキスト以外に(MP4)動画やYoutube動画なども置ける仕様です。

キャプチャ画像

ただしモーダルウィンドウには”その画面を閉じないと次の動作に移れない”という独特の仕様が存在します。

つまり利用者にアピールする力が強い反面、利用者のストレスを増やしてしまう可能性も残ってるということです。

そのためGLAMOURのモーダルCTAには細かい設定が用意されてます。

たとえば「ページが表示されて○秒後に表示させる」とか「ブラウザを閉じるまでは再表示はしない」といった利用者のストレスをできるだけ生じさせない設定ですね。

キャプチャ画像

管理人

各投稿ページの編集画面で個別の表示ON/OFFもできるからうまく利用してみよう。

メガメニュー

GLAMOURのグローバルメニューは、通常のドロップダウンメニューだけでなく2種類のメガメニューを利用することができます。

一つはカテゴリー一覧を丸いアイキャッチ画像で表示、一つはカテゴリー一覧をサムネイル画像付きで表示できます。

メガメニューはとても視認性がいいので利用者目線に立ったメニューとも言えます。

キャプチャ画像

このグローバルメニューはテーマオプションと連動していて、ドロップダウンメニューから簡単にメガメニューが設定できます。

キャプチャ画像

広告・収益化

広告・収益化の妙

GLAMOURにはECサイトの直売上だけでなく広告による収益を効率よく上げるための広告管理機能も搭載されてます。

ランダム広告表示

これは1ヵ所の広告表示エリア複数の広告をランダムに表示させることができる機能です。

専用のプラグインを必要とせず、標準でこの機能が備わっているテーマはそう多くはありません。

フッターやサイドバー、固定ページなどどこにでも表示可能です。

キャプチャ画像

投稿記事下に広告表示

通常ならphpファイルの編集が必要なところですが、テーマオプションを使うことで記事下に2カラムの左右並び広告を表示することができます。

投稿記事内での広告表示

事前に登録しておいた広告用のショートコードを記事中の好きなところに挿入することで任意の位置に広告を表示できます。

キャプチャ画像

スマートフォン専用広告

文字通りスマホ(モバイル)のみで表示される広告機能で、PC用の広告と差別化したいスマホ(モバイル)に特化した広告を表示させたい時に使えます。

(記事の上部・下部に広告を表示可能)

これらの様々な広告機能を使い分けることでさらなる収益率アップも見込めます。

その他の主な機能

どんな方におススメ?

  • 経費を抑えて自社ECショップを立ち上げたい
  • すでに稼働しているプラットフォーム上のECショップから撤退して自社ECショップに切り替えたい
  • 年商100億円規模のネットショップをワードプレスで自社運営できるテーマを探している

無料プラグインの「Welcart」を利用すればプラットフォームに引けを取らないネットショップを構えることができるので、自社ECサイトを低予算で運営したい方にはおススメのワードプレス・テーマです。

購入ボタン画像

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)